• HOMEへ戻る

概要

当プロジェクトの概要

概要

〜 キャンパスづくりと地域貢献を通したキャリアアップ支援プログラム 〜

概要
概要
概要

 ソーシャルマーケットを開設することで、学生自らがキャンパス改良、地域貢献プロジェクトに参画し、主体性、マネージメント能力、コミュニケーション能力等を向上させ、教室内教育と相互補完しキャリアアップを図ることを目的としています。
 キャンパスづくりにおいては、環境対策(ゴミの減量、再生可能エネルギーの利用、緑化等)、情報発信などのキャンパス改良プロジェクトや学生自ら考案したプロジェクトをソーシャルマーケットに公開し受注します。プロジェクト実施にあたっては教職員とNPO法人職員がサポートしていきます。
 地域貢献では、NPO法人、地域住民、行政と協働することで、地域から求められているニーズ(中小企業のホームページ作り、ため池の有効活用、街づくり、環境対策、ロボット教室等)を掘起し、学内と同様にプロジェクトを学生が主体的に推進することを基本としますが、教職員・NPO法人職員と協働してプロジェクトを進めていきます。

ページの一番上へ

取組の趣旨・目的

 本取組は、環境教育やアントレプレナーシップ教育など、これまで本校が取組んできた様々な活動を継承・発展させて、新規にソーシャルマーケット手法を導入することにより「ものづくり」「まちづくり」「情報」「環境」という今日的な分野において、学生自らが学校や地域・社会に貢献する活動をするなかで共益の精神を学び、さらには主体性、マネージメント能力、コミュニケーション能力を向上させキャリアアップを図ることを目的としています。

ページの一番上へ

取組の独自性

 本取組のねらいと特色は、従前からの実績をもとにして本校の学生が得意とする「ものづくり」「まちづくり」「環境」「情報」の分野の技術や知識と、学校・地域・地元企業から集まる様々なニーズ(例えば、ホームページを作ってほしい、ゴミを減らしたい、まちづくりに参加してほしいなど)をマッチングさせ活動を活性化させることにあります。特に、新たにソーシャルマーケットの手法を用いることによって、本取組では学生が教職員やNPO法人と協力して企画、立案、実行にいたるまでを主体的に行い、スキルアップを目指したマネージメント能力、コミュニケーション能力、リーダーシップ等を向上させることを第1の特徴としています。
 第2の特徴として、共益の概念を導入しています。例えば、家庭や食堂で廃棄される天ぷら油は、一般では産業廃棄物やごみとして処分されていますが、本校ではこれらをディーゼル油に転換して再利用する活動を行っています。こうした取組は、環境にとっても、事業者にとっても有益なことであり、同時に学生は教室内の学習だけではなく技術者としての素養ともなる実学を学ぶことができます。

取組の独自性

ページの一番上へ