明石135Eネットと国立明石高専のゆるやかなつながりプロジェクト

木立プロジェクト
明石135Eネットと国立明石高専のゆるやかなつながりプロジェクト
3月2日に 作業所木立で メンバーさんや職員の方、その他の方々も招き

1年間の活動報告、成果の発表を行いました。



発表者は井置さん!



これまで私たちが支援してきた内容として



①展示の提案

②ポスターやお弁当のチラシ、メニュー表などのデザイン支援

③店内のインテリア改装



スライドを使って 分かりやすく報告しました*



インテリア改装では

メンバーさんや職員の方々から 店内が明るくなった、広くなったという意見をいただき

『新しく生まれ変わったみたい』

というお言葉もいただけて 私たちもとっても嬉しく思いました。





しかし、私たちの支援は 学生だけで全てできたわけではありません。



インテリア改装では

インテリアコーディネーターの柴田さん



展示提案では

小規模作業所 明石錦城の園

東大阪の川端ネジ製作所の社長・奥さん

ヨーロピアンアートの先生



また、インテリア改装で 忙しいにもかかわらず 店内を開けてくださったり 話し合いの時間をとってくださった

木立の職員の方々



その他、たくさんの方々のお力添えがあったからこそ 私たちは活動することができました。



本当にありがとうございました+。





人と人とがつながっていくことを 実体験の中で感じることができたと思います。



私自身も、人とコミュニケーションをとることや 話し合いの大切さなどを学ぶことができました。

これからもこの活動で得た事を 活かしていけたtら良いと思います*









最後に 木立のメンバーさんと職員の方から

サプライズプレゼントとして 色紙をいただきました+。



すごく嬉しくて 泣きそうでした;;



1年間、一緒に活動できて 本当によかったと思います。







私たちはもう卒業ですが

後輩たちにはこれからも 作業所の支援を続けていってほしいと思います。



1年間、ありがとうございました。
2010年03月09日投稿者:田中
あかし楽講座
明石135Eネットと国立明石高専のゆるやかなつながりプロジェクト


12月6日(日)に明石の生涯学習センターで



あかし楽講座2009 第五回

『共生社会への種まき ~ユニバーサル(UD)教育の実践と展望~』



が行われました。



第一部は UDの実践発表!

①明石市のユニバーサル社会への取り組みについて (明石市政策部政策室 公文氏) 



②神戸大学付属中等教育学校明石校舎のUD学習について (神戸大学付属中等教育学校明石校舎教諭 百元三記氏) ※写真1



③明石高専学生支援GP 作業所とゆるやかなつながりプロジェクト (明石高専建築学科5年 大塚ゼミ) ※写真2







ということで、作業所とのつながりプロジェクトについて 20分間発表しました。



文章は一切考えていなかったので 全てアドリブw(^ω^;

20分もしゃべれるのか とっても不安でしたが

実際にやったことだったので 結構しゃべれました◎。笑



うおずみんのメンバーの方や 作業所の方や インテリアデザイナーのS田さん、

車椅子のI島さんや 聴覚障害者のK岡さんなど

色々な活動を通して知り合った方々が いっぱい来てくれていました*



来場者も思っていたより多かったので 緊張しましたが 無事に終わってよかったですw







第二部は UD学習の先進実践自治体である神戸市の事例紹介!

①みんなで、みんなにやさしい学校にしよう! ~小学校におけるUD学習プロジェクトの取り組みから~ (神戸市都市計画総局民間活力創造室ユニバーサルデザイン都市推進係 豊島純子氏) ※写真3



②パネルディスカッション 質疑応答





実際に行なわれている UD教育 について色々な話が聞けました。

私が小学生のときとは また違った教育がなされているんだと 聞いていて思いました*





ケーブルテレビの取材も来ていました◎





最近になってよく聞くようになった 『ユニバーサルデザイン』。

高齢化社会の中で 全ての人が暮らしやすくなるように。



そのために さまざまな所で 頑張ってる人がたくさんいることが実感できました*。



ユニバーサルデザインについて学ぶには

実際に活動に参加して 体験すること が大切だと思いました。
2009年12月17日投稿者:田中
明石高専×木立×川端ネジ
明石135Eネットと国立明石高専のゆるやかなつながりプロジェクト
先日、松田先生が投稿してくださったように

私たちの活動が神戸新聞に掲載されました:)



これは高専で行われたセミナーで出会った、東大阪の工場「川端ネジ」の社長さんに協力していただいたものです。

そのセミナーのときに仲良くなり、工場に遊びにいかせてもらったりセミナーの後にお茶をしたり…



そしてこのゆるプロの一部である加古川の「木立」の話をしたら

「ぜっひ協力したい!」と言ってくださって実現しました。



9月5日、

川端社長、大塚先生、そして息子、井置さん、田中さん、そしてわたしのメンバーで

店内の展示の準備を開始しました。



・・・



チョコのようなネジは、ショウウインドウに飾り付けして

川端ネジの歴史は壁面に・・・

ショウウインドウは井置さんが取り仕切ってやってくれました。

そして川端ネジのTシャツは入ってすぐ目につく柱に展示しました。

この展示方法は社長は思いついていなかったらしく喜んでいただきました。

田中さんはお客さんが直接ネジに触れれるように、テーブルにカード立てを置きました。



こまごまとしたネジたち、

それを展示するときに大活躍したのが 大塚先生の息子!!

手伝ってくれる愛らしいやつです。



滞りなくすすみ、先月まで明石の作業所「錦城の園」仕様だった店内も

川端ネジ一色になりました。

空間におくものを変えるだけで まったく別物になるのです。



社長も大満足、

それ以上に「木立」のメンバーの方がとてもうれしそうでした。

ひとりのメンバーさんは川端社長とお話をずっとされていて

お話の内容は書けませんが、お話が終わった後 とても清々しい顔をされていました。

なんだかとっても嬉しくなりました。



その後、社長と大塚先生は次々にやってくる大人たちと名刺を交換しては話、名刺を交換しては話・・・。

大変そうでした。

でもそれだけ関心が高いのだな、と少しうれしくなりました。



どうか10月まで、うまくいきますように。



川端ネジと小立のますますの発展を祈って。
2009年09月16日投稿者:西村
神戸新聞に掲載されました。
明石135Eネットと国立明石高専のゆるやかなつながりプロジェクト
本取組の内容の一部が、神戸新聞に掲載されました。

記事の内容は、以下のインターネットのURLでご覧いただけます。



http://www.kobe-np.co.jp/news/touban/0002328907.shtml
2009年09月14日投稿者:松田
明石高専と作業所のコラボレーション
明石135Eネットと国立明石高専のゆるやかなつながりプロジェクト

下の画像をクリックしていただくと、pdfファイルが開きます。




 

2009年05月14日投稿者:田中
クッキー販売
明石135Eネットと国立明石高専のゆるやかなつながりプロジェクト

下の画像をクリックしていただくと、pdfファイルが開きます。

 


2009年05月14日投稿者:田中
ゆるやかなつながりプロジェクト案内
明石135Eネットと国立明石高専のゆるやかなつながりプロジェクト
下の画像をクリックしていただくと、pdfファイルが開きます。

2009年04月23日投稿者:西村
ゆるやかプロジェクト
明石135Eネットと国立明石高専のゆるやかなつながりプロジェクト
ブログの投稿のしかたを教えていただきました:)



今日から更新していこうと思います!



がんばります○。
2009年04月23日投稿者:ニシムラマミコ
ページの一番上へ