理科実験プロジェクト

140820大久保南
理科実験プロジェクト
 クリップモーター
2014年08月23日投稿者:武内
140808公開講座の予行演習(液体窒素)
理科実験プロジェクト

本番の8/9(土)は警報が出たため中止となりました。

前日練習の様子のみUPしときます。おつかれさまでした。

 http://youtu.be/nnRvt1In67A


2014年08月11日投稿者:武内
140728みっくす
理科実験プロジェクト


 クリップモーター
2014年07月28日投稿者:武内
130820大久保南
理科実験プロジェクト
 液体窒素
2014年07月28日投稿者:武内
130810公開講座
理科実験プロジェクト
 液体窒素
2014年07月28日投稿者:武内
130820みっくす
理科実験プロジェクト
 液体窒素
2014年07月28日投稿者:武内
播磨町図書館
理科実験プロジェクト


 日時:2011年8月5日

場所:播磨町図書館

題目:液体窒素





P.S.

パスワードを紛失してしまいながらく更新をサボっておりました。申し訳ありませんでした。

管理者様へ。投稿日時を適当に変更して頂ければ幸いです。
2012年10月13日投稿者:武内
明石市花園学童保育クラブ
理科実験プロジェクト


 日時:2012年8月23日

場所:明石市花園小学校

題目:液体窒素

内容:蒸発、傘袋、風船、温度計、ゴムボール、アイスクリーム
2012年10月13日投稿者:武内
NPO法人みっくす
理科実験プロジェクト


 日時:2012年7月30日

場所:みっくす

題目:液体窒素

内容:蒸発、傘袋、風船、温度計、ゴムボール、アイスクリーム
2012年10月13日投稿者:武内
NPO法人みっくす
理科実験プロジェクト


 日時:2011年10月17日

場所:みっくす

題目:液体窒素

内容:蒸発、傘袋、風船、温度計、ゴムボール、アイスクリーム
2012年10月13日投稿者:武内
播磨町図書館
理科実験プロジェクト


 日時:2010年8月13日

場所:播磨町図書館

題目:液体窒素

内容:蒸発、傘袋、風船、温度計、ゴムボール、アイスクリーム
2012年10月13日投稿者:武内
スポーツクラブ21
理科実験プロジェクト


日時:2009年12月19日

場所:大久保南小学校体育館

題目:ブーメラン

内容:地球ゴマ、ジャイロスコープ、コアンダ効果、紙ブーメラン、大会。
2012年10月13日投稿者:武内
魚住まちづくり協議会
理科実験プロジェクト


新型インフルエンザによる休校措置のため、市内のほとんどの小学校は2学期の始まりが一週間繰り上がりました。貴重な夏休みを奪われた小学生にどれだけ集まってもらえるか。休み明けで夏バテの小学生にどれだけ楽しんでもらえるか。期待と不安が混じるびみょ~な時期に出前実験に行ってまいりました。


日時:8月29日(土)

場所:魚住小コミセン

内容:クリップモーター


■ 前回のドタバタを反省し準備は前もって万端、なわけもなく…、詳細を詰めるはずの直前3日間はメンバー都合によりミーティング無しの事態に。プリントはもちろん「せんせぇ~、まかせたぜぇ~」。おしながきは以下のとおり。


1. ネオジウム磁石で遊ぼう


2. 渦電流の実験


3. ブランコ実験その1(電流 + 磁石 → 動き)


4. ブランコ実験その2(磁石 + 動き → 電流)


5. モーターを回す実験(電流 + 磁石 → 動き)

ブランコ実験その1を実用化したものがモーター。


6. 発電の実験(磁石 + 動き → 電流)

ブランコ実験その2を実用化したものが発電機。


7. 休憩


8. クリップモーターをつくろう

・材料(クリップ、電池、エナメル線、磁石、紙やすり、テープ、プリント)の配布

・まずは一緒につくろう(わからないときは、質問しよう)

・気づいたことの発表会(みんなに知らせよう)

・レッツチャレンジ! より長く、より速く!(気づいたことを生かそう)


■ 当日は朝から狂ったような土砂降りの中ほうほうのていで集合場所に集合。機材を高級ハイブリッド公用車に積み込みます。安定化電源5台が思いのほか重く、後悔先にたたず、腰に一抹の不安を残します。


クリップモーター自体はインターネットやテレビ番組などでかなりポピュラー。いきなりモーター作成に突入すると単なる2番煎じ。ちがいを出そうと(時間を稼ぐとも言う)前半は原理的な実験を盛り込む作戦に。さて、果たしてこちらの意図 vs 小学生の素朴な感性との勝負や如何に!!!


以下勝敗結果です。備忘録兼ねてます。


1.自由に遊んでいただけたのではないかと思いますが、多少間のびしすぎたか? 普通の磁石とちがって超強力であることをアピる工夫がもう少しあったほうがよかったかも。ある保護者の方が腕時計にネオジウムを近づけようとされてヒヤッとする場面も。寸でのところで制止できたが、正直ヤバかった。小学生以上に大人も危険? ま、全体として楽しんでいただけたようなのでまずは1勝。


2.長~いプラスチックパイプと短~いアルミパイプの2つのパイプを立てて、上からネオジウムを同時投入。どっちが遅く出てくるかというクイズを行いました。しか~し、今の小学生はすれてます。おとなより大人です。世の中、裏をかけば正解という刷り込みがなされているのでしょうか、全然素直じゃ~ありません。全員正解といううれしくない事態にがっかり。敗北です。


3.腰という犠牲を払って運んだ直流安定化電源。まわす、まわす、なんぼでもまわす~。よくわかりました。小学生につまみのある装置をさわらせちゃーいけません。持ち込んだ安定化電源は保護回路があるので一応大丈夫ですが、こっちの胃が大丈夫じゃあ~りません。そそくさと強制撤去。またしても敗北。


4.検電計の針の繊細な動きにロマンを感じて頂きたかったのですが、、、無駄でした。ま、はじめっからわかっちゃいましたけどねぇ~。で、3連敗決定。


5.驚いたことに、マブチモーター見るのは初めてらしい。ひたすらガムテープ扇風機を回す回す。実験3との関連性などそっちのけ。でもとりあえず夢中にさせたということで白星としとこう(ほんまか?)


6.もう実験の関連性なんて、、、しくしく、、、どーでもいいです。ここでも、まわす、まわす、ひたすらまわす~。手回し発電機のベアリングが飛びそうなほど回すぅ~。完全に目がいってるこどもたちもいました。いろんな脳波がでてそうです? 教育的に疑問はのこりますがぁ、陶酔状態にさせたということでぇ、白星いただいときます(ええのんか?)。


7.やっとさ休憩。ここまで3勝3敗。さあ、最後のメインイベントで全てが決します。ここで某新聞屋さん登場。またしても聞いてないよぉ~。土曜日なのにお仕事ご苦労様です。いい記事期待しております。


8.予想に反しメローな雰囲気でスタート。5分経過。10分経過。依然としてまったりモードです。気がつけば保護者のみなさんも目が真剣。やがてあちこちで「まわったどぉ~」「みてみてみてぇ~×10」という声があがります。そのうち「カメラマ~ン、はよこーい」と新聞屋さん呼びつけ合戦も勃発! 場は一気にカオスな状態に! しかし明があれば暗もあるということでぇ、暗はやがて激にと変わります。「ぼくのんちーとも回らへん。おもろ~ないから、ぼく帰るっ!」と席を蹴って会場出口に向かい、そのまま長靴を履く子も。おとな二人がかりで「まぁ、まぁ、おちつきなはれぇ~」

(以下略。写真でご想像下さい)


写真1:はじめは純朴なこどもたち。問いかけへの答えは、メッチャすれてます、、。


写真2:呼びつけられて言われるがままの新聞屋さん。どーかお疲れがのこりませんよーに。


写真3:あくる日の記事です。さすがプロ。事実のみを淡々と伝えています。いい仕事してますね~。




■ 帰校しておべんと食べながら反省会です。かな~りつかれました。以下アンケートの原文です。

「おもしろかったです。もーたーがまわってうれしかったです。」(1ねん)

「一番はじめにぶらんこ実験したときすごくうごいて楽しかったです。さいごにやったのむずかしかったけどおもしろかったです。ありがとうございました。」(4年)

「最後のモーター作りがむづかしかったです。だけど回ってよかったです。」(5年)

「ふつうでした。ふつ~~~うでした」(6年)

「すこーしたのしかったです☆」(3ねん)

「クリップモーターを作ったのはいいけれど、持ってかえれないのは、ちょっとショックでした。今日は楽しかったです。ありがとうございました。」(5年)

「ぜんぜんたのしくないわ。怒」(?年)

「いろいろなじっけんをしてたのしかったです。」(4年)

「エナメル線がまわってよかったです。」(3年)

「たのしかった。」(1年)

「たのしっかた。じけんがたのしかった。」(1ねん)

「たのしくなかった。」(2ねん)

「いちばんたのしかった。むずかしいところもあったけどむずかしくないところもあったよのでもできたらすっごくいいなっておもったよ。」(2ねん)

「いちばんたのしかったのは、けずるところです。なぜかと言うと、ちゃんときれいにかけたからです! いちばんむずかしかったところは、まくところでした。」(3ねん)

「つくるのがたのしかった。あそぶのがたのしかった。むすかしかったけどたのしかった。」(1ねん)



■ 教訓: 小学校のせんせーになるのだけは勘弁です。てかなれません。まじリスペクトです。

 

2009年09月02日投稿者:ん?
播磨町夏休みおもしろ教室
理科実験プロジェクト


前期期末試験が終了し名実ともに夏休みに突入した8月13日、うだるような暑さの中で清涼感を味わっていただこうと液体窒素のボンベを携えて播磨町へ行ってまいりました。以下簡単にご報告させていただきます。



日時:8月13日(木)

場所:播磨町図書館

内容:液体窒素で遊ぼう



■ 8月11日の昼下がり、晴れて期末試験の補講や追試から開放され、現地会場の下見で播磨町図書館へGO。職員の方々にご挨拶を済ませます。その後ネタを仕入れに近くのホームセンターへ出撃。凍らせて破壊すべき草花やアンパンマンボールなどを入手。本校会計課からお借りした魔法のカードでお支払いを済ませます。さらにフィルムケースやマシュマロや花火をゲットしようとホームセンターその2をはしご。さらに寮生ご用達カメラ屋さんなどを襲撃。くたくたに疲れ果てて帰校いたしました。ここでメンバー全員が寮生のため本日しゅうりょー。閉寮準備のため寮に戻り荷造りに追われます。



■ 8月12日の昼下がり、両手大荷物で夜逃げルック全開のメンバーが物理実験室に集合。試験前までに実験でやることは調査済み。あとはやるだけ。前日仕入れたブツを使ってイザ予行演習。しかしどっこい、なかなか悲鳴以外はスムーズにできません。シャーペンの芯ネタはあまりに地味すぎで却下、金魚ネタはトラウマな小学生を作るおそれありで却下、花火ネタは部屋がとんでもないことになったので却下、その他いろいろ却下。却下ネタばかりが増殖していきます。そうこうしてるとあっというまに夕方に。ほぼ飽和状態の大気はいつゲリラ雨になってもおかしく無い状態。実家が遠いメンバーは大荷物を抱えて帰宅せねばなりません。というわけでパワーポイントによるOHPネタも却下。そしてプリントネタは「せんせー、まかせたぜぇー」。おおいに明日に不安を残す。。。



■ 8月13日(当日)の早朝。約束の時間に集合したのはメンバー1人のみ。敵前逃亡かと思われたが出発時間間際に全員集合。荷物満載(いろいろな意味で爆弾満載)のセレナは9時現地到着。職員の方から業務連絡「テレビ局が来てますのでよろしく」。「、、、聞いてねぇよ~んなの」。寝不足と暑さとプレッシャーは最高潮に!(以下略。写真を見てご想像ください。)



写真1:講座開始直後の様子。講師役のメンバーも受講生もきんちょー気味。



写真2:収集がつかなくなる直前の様子。かぶりつきのお子ちゃまたちとパパラッチなひとびと。



写真3:講座終了の挨拶直後に取材を受けるメンバー。(うしろでこどもが走りまくってます、、、)



■ 教訓: 人生綱渡り。終わりよければ全てよし。Let it be。
2009年08月21日投稿者:ん?
ページの一番上へ