コウノトリ再導入のためのビオトープ水田作成

コウノトリ再導入のためのビオトープ水田作成

担当:工藤和美先生

概要

コウノトリの再導入を目指して、環境再生に取り組む、豊岡市赤石地区の水田をビオトープ化するため、昨年に引き続き、生物モニタリング調査と水田の改良作業を行います。魚道の改良、水田畦の補修、ドジョウ生息場所の計画作成を行う計画です。

ページの一番上へ

スケジュール


2008年8月 湛水水田の生物モニタリング調査と改良計画案作成ワークショップ
2008年9月 赤石地区環境再生計画案「ほってもって」が日本建築学会設計競技においてタジマ奨励賞を受賞
2008年11月 水田の改良計画施工、ドジョウの放流、コウノトリ飛来
2008年11月 水田の改良計画案「あっ地こっ地しっ地ぱっ地わーく」が全国デザコン環境部門において最優秀賞を受賞
2009年3月  水田近くの巣塔でコウノトリペアが産卵
2009年4月  『コウノトリを救う地域独特の環境と生物多様性の再生"ドジョウを育むビオトープ水田の施工”』が「2009日本ストックホルム青少年水大賞」において審査部門特別賞を受賞
2009年7月  改良水田の生物モニタリング調査 生物種、個体数ともに大幅増を確認
ページの一番上へ

ブログはこちら!

ページの一番上へ